Jump to content

Site Work Failed, But We Didn't Die

Ugh. Still more roadblocks. Need to get an as-yet unknown password from Nay in order to get this sucker changed. For now, please enjoy the mess of a forums we've got, and dream of the forums we will probably never one day have.

< 3 - Tay

You can dismiss this alert by clicking on the "X" button

Guest

Japanese Help Thread

Recommended Posts

For the former I guess yeah just using the Hanamiya Club (her surname) to "build an unassailable position within the school" or something.

yeah. Though I am really curious as to how a "collection of cute girls" constitutes an unassailable position.

Share this post


Link to post
Share on other sites

Okay, for the previous question, I have to translate it something along this "You're not the one (who should decide) to refuse me/it.", then? I think it's more like the council president's "I refuse" meaning that he refused Astronomy Club's refusal of accepting the council's request (if Airi were to accept Sou's forceful words). Am I wrong?

 

For the last two questions,

 

1) Really, that's the only context I have.

In short, the Vice President was saying that Nagisa is "築いています"-ing an impregnable position within the school.

Looking at her previous sentence, It is a rather indirect saying that she's 築いています-ing something (which is Hanamiya Club by making good use of it as an intelligent bureau of some sort).

That's why Sou asked, "Senpai, what exactly are you 築いちゃってる-ing?".

Then Nagisa anwered by saying "A group of lovely boys and girls." You can see that boys and girls here refer to Hanamiya Club's members.

The next Kenny asked, "Wasn't it a fan club?".

Lastly, the vice president answered, "At first it seemed to be the purpose of the club, but nowadays they move as she wishes them to, as a special intelligent bureau.".

 

I also think to translate it as building up the time I read Vice President's first sentences. But, when Nagisa answered Sou's question by "A group of lovely boys and girls.", building up would sound weird, right? That's when I decided to ask your help. What should I translate 築いています and 築いちゃってるんですか into?

 

2) Long story short, the vice president was describing astronomy club's member one by one. When she was describing Sou, she just described him 適当に . Sou asked her to add Sou's good points on her description. She asked him, "how about the one having Tsukkomi role in the club?". Of course she meant tsukkomi as "to retort" here. After some chatters (which doesn't really give any context for my question), you get the conversation I'm asking, mainly talking about Sou's Tsukkomi ability.

 

For now I'm translating it as:

Nagisa

「If a rumor saying "he goes around and does tsukkomi in various places" were to spread, he would instantly be known as "Sou the Tsukkomi man"」

Airi

「That's right, he would look so cool just like in a Yankee manga, wouldn't he.」

Sou

「Wait, you two in there …… If you two go spreading such a rumor, I'll tsukkomu (stick) something outrageous into that mouth of yours!」

 

It's clear that Nagisa and Airi were being ambigous on purpose. You can see that it's hard to translate tsukkomi here without a TL note.

Share this post


Link to post
Share on other sites

Some further advice on translation of Arcana. The main character Caprese is accompanied by a fairy named Primo who hangs around with him as part of a magical contract, and she insists that she call him by her name, rather than referring to her by the second-person pronoun お前, which he of course refuses to stop doing. This has already occurred several times in the first few parts I've managed to try translating. For example:

 

Caprese: だからぁ、なんで俺がお前にあわせなきゃいけないわけ?

Primo: お前じゃないっ!プリモ!ほら、言ってみて。プ・リ・モ

 

A literal translation might be:

 

Caprese: So tell me, why is it that you (お前) need to stick with me?

Primo: I'm not 'you' (お前)! It's Primo! Go on, try to say it. P-R-I-M-O.

 

Obviously English 'you' doesn't have the same sort of contempt that Japanese お前 does, which is part of what seems to be riling Primo. They have a similar exchange several more times, and Caprese has actually called her by her name only once as she requested since they met, as he seems intent on teasing her that way (as is reflected by his Tarot trump of zero, the Fool). Hopefully they'll eventually tire of it. I've been thinking of replacing お前 by a word like 'runt' or 'shrimp':

 

Caprese: So tell me, why is it that a runt like you needs to stick with me?

Primo: I'm not 'runt'! It's Primo! Go on, try to say it. P-R-I-M-O.

 

though I don't know how well this goes over. Any other suggestions on how better to translate this sort of situation?

Share this post


Link to post
Share on other sites

Okay, for the previous question, I have to translate it something along this "You're not the one (who should decide) to refuse me/it.", then? I think it's more like the council president's "I refuse" meaning that he refused Astronomy Club's refusal of accepting the council's request (if Airi were to accept Sou's forceful words). Am I wrong?

2) Long story short, the vice president was describing astronomy club's member one by one. When she was describing Sou, she just described him 適当に . Sou asked her to add Sou's good points on her description. She asked him, "how about the one having Tsukkomi role in the club?". Of course she meant tsukkomi as "to retort" here. After some chatters (which doesn't really give any context for my question), you get the conversation I'm asking, mainly talking about Sou's Tsukkomi ability.

For now I'm translating it as:

Nagisa

「If a rumor saying "he goes around and does tsukkomi in various places" were to spread, he would instantly be known as "Sou the Tsukkomi man"」

Airi

「That's right, he would look so cool just like in a Yankee manga, wouldn't he.」

Sou

「Wait, you two in there …… If you two go spreading such a rumor, I'll tsukkomu (stick) something outrageous into that mouth of yours!」

It's clear that Nagisa and Airi were being ambigous on purpose. You can see that it's hard to translate tsukkomi here without a TL note.

I can't answer either one unless you post more of both conversations (really getting a déjà vu here). But I can tell you as it stands those translations seem odd at best.

Caprese: So tell me, why is it that a runt like you needs to stick with me?

Primo: I'm not 'runt'! It's Primo! Go on, try to say it. P-R-I-M-O.

though I don't know how well this goes over. Any other suggestions on how better to translate this sort of situation?

Given only those lines it sounds fine to me. Don't know about the wider thing.

Share this post


Link to post
Share on other sites

[1]

A line or two previous to what you've given us would be nice to see the flow of conversation.

Personally, I'd just forgo having Sou use 築く as a verb.

The parallel to the Vice-Pres's sentence isn't worth much.

 

Otherwise, something like:

"....built herself an impregnable position within the school"

"Sempai... What did you build yourself this time!?"

"Fufu... aren't they so cute?"

"Weren't they supposed to be a fun club?"

 

The jump in subject between Sou and Nagisa is a bit weird even in the original.

I don't think you can do much about that.

 

[2]

Again, a few more lines before this would be very nice to see the flow.

Please at least gives us starting from the point where Vice-Pres starts describing Sou.

Share this post


Link to post
Share on other sites

I can't answer either one unless you post more of both conversations (really getting a déjà vu here). But I can tell you as it stands those translations seem odd at best.

Are you sure you want more? The long conversation is all connected so it will be so long if I have to put it all here. I'll put it inside a spoiler.

 

【愛理】

「えっと、じゃあまずは……文化祭のことから」

【佳織】

「文化祭?」

【愛理】

「そう、みんなも知っての通り、

 もうすぐこの学園で最後のお祭が始まるでしょ」

【佳織】

「最後……でも、それって新校舎が完成するから、

 この旧校舎では最後になるってだけよね」

【愛理】

「そうそう、だけどそれが問題なのよ」

【愛理】

「最後なんて大袈裟に言ったら、思い入れの分だけ

 学生のテンションが上がっちゃうじゃない」

【愛理】

「当然、例年以上の文化祭になるのは必至よね」

【ケニー】

「まぁ、そうだな」

【愛理】

「——となれば、各学会は総力を尽くして発表の場を

 得ようとするし、トラブルも起こる、と!」

嬉しそうに頬を緩ませる愛理に、

俺は嫌な予感を隠しきれず、眉をひそめた。

【愛理】

「——ということ、おしまいっ」

【奏】

「おいっ、終わるなって!

 まだ内容に触れてないじゃないか!」

嫌な予感が完全に台無しだった。

【凪沙】

「そう、バッチリ分かったわ」

【奏】

「分かっちゃったんですか!」

【凪沙】

「ええ、バッチリよ」

……どんなテレパシーですか。

『活動』の『か』の字も出てないってのに。

【ケニー】

「すまん、俺は分からん」

【佳織】

「私も、ちょっと……」

【愛理】

「え? 今ので十二分に——」

【奏】

「駄目に決まってるだろ!!」

佳織もケニ……俺も、いたって普通の人間なのだ。

先輩や愛理のように、一を聞いて百を知るような

悪魔超人とは比べないでほしい。

【愛理】

「じゃあ、続きをまとめて話すわ」

【佳織】

「あ、うん」

理不尽な会話にも関わらず、佳織は素直に頷いた。

【愛理】

「要するに、学生会執行部から依頼があったのよ」

【奏】

「ほう——って、執行部から天文学会にか?」

【愛理】

「そう、主な内容は三つ」

愛理は一本指を立てると、俺の前に突き出した。

【愛理】

「まず一つ、文化祭に向けて行われると予測される、

 各学会による過剰なお祭り騒ぎの鎮圧」

さらには佳織に目を向け、二本指を立ててみせる。

【愛理】

「二つ、各学会の活動障害の撤去」

そして、最後にケニーへ。

いわば真横に立っているようなものだが、

それはそれとして愛理は指を立てておきたいらしい。

指を一本追加し、腕を突き出しケニーの——

【ケニー】

「ぶぼっ!」

【愛理】

「三つ、夏休み明けに先駆けて始まった、

 学生たちを脅かす不可解な事件の解決よ」

【佳織】

「あ、愛理ちゃんっ!

 当たったってば!」

【愛理】

「半分ワザとよ」

【奏】

「なおさら悪い!」

【ケニー】

「い、いやこの程度、コミュニケーションの範囲だ。

 構わない……続けてくれ」

さすがは頑丈さが取り柄のケニーだ。

心配そうな佳織をよそに、平然と言ってのけた。

【愛理】

「続けるもなにも、これで本当に終わり」

……が、当の愛理がこれだった。

【佳織】

「えっと……」

【凪沙】

「そう、バッチリ分かったわ」

ケニーの犠牲もなんのその。

先輩は『うんうん』と可愛く頷いた。

可愛く……頷く?

【奏】

「あの、先輩は分かってたんじゃないんですか?

 確かさっきも……」

バッチリ分かったって言ってた気がするが。

【凪沙】

「それがどうかした?」

さらりと笑顔で言われると……辛い台詞だった。

思わずそのまま突っ伏しそうになる。

【凪沙】

「ともかく、頑張って頂戴ね。

 奏さんの活躍には、期待しているんですから」

たおやかな追撃を繰り出す先輩。

そうだった……分かっている分かっていないは、

この先輩には関係ないのだ。

愛理の持ってきた無理難題に、

俺が突っ伏し、困る顔が見たいだけなのだ。

【奏】

「が、頑張ってみます……」

しおれた笑みを返す俺。

……この勝負は完全に負け試合となったが、

今は倒れている場合じゃない。

【奏】

「ま、まぁいいや、それで?」

俺は気を取り直すべく、愛理へと問いかけた。

【愛理】

「『それで』とは?」

【奏】

「その執行部からの依頼だよ!

 お前は一体どうするつもりなんだ?」

【愛理】

「うん、受けたに決まってるじゃない。

 初めに拒否は認めないって言ったでしょ」

【奏】

「またそんな自分勝手に……」

【愛理】

「そうは言うけど、学生会のボス直々のお達しよ。

 断れるわけないじゃない」

【奏】

「言葉と裏腹に、表情が輝いてる理由は?」

【愛理】

「あらいやだ、そんな事ないってば!

 でも、みんなだってもうやる気になってるでしょ?」

手のひらをパタパタと振り、愛想笑いで誤魔化した。

だが、俺は騙されない!

荒事大好きな愛理と先輩はさておき、

俺たちは平和を愛する庶民なのだ!

なので、声を大にして愛理の言葉を遮断した。

 

[0]

【奏】

「すぐに断ってこい!」

【会長/???】

「お断りだ!」

【奏】

「あなたが断るんですかっ!?」

俺は「誰だ」と問うまでもなく、

ドアの方へと声を張り上げていた。

【会長/???】

「ほう、随分な挨拶じゃないか、秋山」

【奏】

「会長こそ、直々に出向くなんて珍しいですね」

【副会長/???】

「ええ、会員の方にもきちんとしたご説明が

 必要と思いましたので」

【ケニー】

「なんだ、副会長も一緒か」

【会長】

「その方が話が早いと思ってな」

【奏】

「そうかもしれませんね、愛理はあの調子ですし……」

親指で指し示すと、愛理は含むようにクスリと笑った。

【奏】

「それで、話は聞いていたんですか?」

【会長】

「ドアに耳をつけていたからな。

 抜かりはないさ」

【奏】

「それはどうなんですか……」

渋いイメージが台無しです。

【会長】

「……気にするな」

そう言って会長は不敵に笑うと、

俺たち一人一人の顔を見まわした。

【会長】

「それよりもだ、この依頼を諸君ら、

 天文学会に任せた理由を説明させてくれないか」

【奏】

「構いませんよ。

 俺たちが気持ちよく動くためにはそれが必要ですし」

【会長】

「なるほど、それはそうだな……」

会長は振り向き、副会長に頷いて見せた。

【副会長】

「はい」

促されるように一歩前へ。

副会長はメガネをクリクリと[弄|いじ]り、口を開いた。

【副会長】

「では、私からご説明させて頂きます」

【佳織】

「あっ、うん」

【副会長】

「まず、執行部から天文学会への依頼ですが、

 これは強制というわけではありません」

【副会長】

「しかしながら、私どもが天文学会にこの話を

 持ち込んだのには理由があります」

【佳織】

「理由……」

【副会長】

「ええ、この依頼にもっとも適した人材を、

 天文学会が有していると判断致しました」

副会長は佳織に向けて、真面目な顔を向けた。

【凪沙】

「あら、とても買いかぶられているわね」

【副会長】

「そうでしょうか?

 それは華宮さん自身が、一番ご存知のはずですが」

先輩を一瞥し、副会長は愛理へと視線を移した。

【副会長】

「まずは支倉愛理さん。

 天文学会の会長にして、校内屈指の才女です」

【愛理】

「まぁ、そうね……」

【副会長】

「その能力は運動・学力問わずで、あらゆる状況に

 柔軟に対応出来るのではないでしょうか」

【副会長】

「その上、物事に取り組む熱意は異常なほどで、

 他の追随を許しません」

【奏】

「あながち間違ってないな……」

さすがは敏腕と名高い副会長だ。

同じ二回生とはとてもとても思えない。

俺は大きく頷いてみせた。

【副会長】

「そして、華宮凪沙さん。

 天文学会唯一の三回生で、かなりの策謀家です」

眼鏡の奥、しっとりと[佇|たたず]む光が先輩を捉える。

【凪沙】

「策謀家、そうなのかしら?」

【副会長】

「ええ……それに、あの華宮家の令嬢であり、

 校内でもっとも敵に回したくない。

 そう言われている方です」

【凪沙】

「否定はしないでおくわ。

 ただ、余計な言葉があるわね」

【副会長】

「……令嬢、ですか?

 しかし、これは事実で──」

【凪沙】

「余計よね?」

にこやかな笑みで、先輩は囁くように

副会長の言葉を遮って言った。

【副会長】

「……分かりました、訂正致します。

 貴女の実力に家柄は関係ありません」

一瞬の視線の交差を経て、副会長は静かに頷いた。

【凪沙】

「ありがとう。

 家のことはそのまま忘れていてね、いい子だから」

【副会長】

「はい、失礼致しました……」

副会長は丁寧に頭を下げると、

気を取り直した様子で続きを口にしはじめた。

 

[1]

 

【副会長】

「また……華宮会なる独自の情報部隊を駆使し、

 校内では不動の地位を築いています」

【ケニー】

「へ〜っ、情報部隊————はいっ!?」

チラ見の後の二度見。

ケニーはツッコミの高等テクニックを駆使して、

先輩をその視界に納めた。

【奏】

「あの……先輩、何を築いちゃってるんですか!」

【凪沙】

「ふふっ、可愛い子たちよ」

【ケニー】

「ファン倶楽部じゃないのか?」

【副会長】

「当初はその目的だったようですが、

 現在は彼女の意のままに動く、特殊情報部隊です」

うっそ!?

そんな凄いもの作ってたのか、先輩!

【凪沙】

「奏さんとケニーさんなら、

 特別枠で入れてあげてもよくてよ?」

【奏】

「い、嫌ですよ!

 何かされそうじゃないですか!」

俺とケニーがそろって首を振ると、

先輩は自らの頬に手を当て、優しい声で囁いた。

【凪沙】

「大丈夫よ。うちのポニーちゃんたち……

 会員の人たちは皆、優しくしてくれるわ……」

【ケニー】

「…………」

優しいとかそういう問題ではない。

顔を見合わせ、ケニーと俺は頷き合う。

【副会長】

「あ、あの……では続きをいいですか?」

【奏】

「……ん?

 ああ、すまん。話の途中だったな」

俺はジト目で睨む副会長に、平手で話を譲り渡す。

【副会長】

「コホン……そして、長船・KENNY・英太郎さん」

【ケニー】

「はいっ!!」

高々と右手を挙げるケニー。

こうして早くもオチがついた。

【奏】

「そこ……返事をするとこじゃないぞ」

【ケニー】

「オゥ……」

悪気はないのだ。

……が、副会長は不機嫌そうに眉をひそめた。

【副会長】

「え〜っ、長船・KENNY・英太郎さん。

 アメリカとの交換留学生として本校に入学」

【副会長】

「当初はその類希な運動能力を見込まれ、

 格闘系の部活から多大な期待を集めました」

【副会長】

「しかし、どういうわけか天文学会に電撃入会、

 これは校内の七不思議として——」

【ケニー】

「ああ、それは間違えて部室に入ったら、

 奏の口車で入会させられたからだ」

【副会長】

「………………」

【奏】

「…………なんか、ゴメン」

嫌な現実だった。

他人事とはいえ、俺は副会長に頭を下げた。

【副会長】

「で、では……」

【会長】

「プッ……くっ」

【副会長】

「か、会長っ!」

【会長】

「いや、すまんな……次にいってくれ」

会長は視線をそらし、口元を押さえた。

【副会長】

「……では次に、佐々木佳織さん。

 天文学会副会長にして、学会唯一の良心です」

【佳織】

「り、良心、なんて……」

間違いない、実際そうだしな。

悪心二人はこぞって不敵な笑みを浮かべているし。

【副会長】

「また、学園内での人気も非常に高く、

 『校内‐お嫁にしたい選手権』にて、

 二回生のTOP3に名前が挙がる——」

【佳織】

「あの、それって……関係あるの?」

【副会長】

「人気があるに越したことはありません」

【佳織】

「でも……」

佳織は俺の方をチラリと見て、口を閉じた。

【奏】

「うん?」

【佳織】

「ううん、なんでもない」

佳織は髪を揺らし首を振った。

【副会長】

「では、最後に秋山奏さん。

 曲者揃いの天文学会で頑張っているそうです」

お、ついに俺の番か!

【副会長】

「以上——」

【愛理】

「…………ぶっ!」

静観に徹していた愛理が吹いた。

【奏】

「ちょっと待て、副会長!

 どうして俺だけ適当なんだ!?」

【副会長】

「適当ではありません。

 ただ不明瞭なだけです」

【奏】

「いや、ケニーだっていいところあっただろ!」

コイツですらと言わんばかりに、俺は当人を指さした。

【副会長】

「では、天文学会のツッコミ役でいかがでしょう?」

【奏】

「それ、今考えただろ!」

【副会長】

「はい、今考えました」

【会長】

「…………っくくく」

その笑い声に、俺は恨みがましく会長を眺める。

【奏】

「ま、まぁ……何もないよりかは、いいのかなあ」

【佳織】

「えっ、いいの?」

【凪沙】

「そうね、私も奏さんのツッコミ力は評価しているわ」

【愛理】

「それくらいしかないけどね」

 

[2]

 

【凪沙】

「『色々な所に突っ込んで回る』って噂を流せば、

 『ツッコミの奏』としてすぐに定着するわね」

【愛理】

「そうね、ヤンキー漫画みたいで格好いいじゃない」

【奏】

「待てっ、そこの二人……そんな噂を流しやがったら、

 その口にとんでもないものを突っ込むぞ!」

【凪沙】

「へ〜っ、私の口に何を?」

【奏】

「なんでもありません……」

 

I've marked the beginning of each conversations I ask with big [0], [1], and [2]. While I'm at it, may I ask the translation for those having red font?

Share this post


Link to post
Share on other sites
【副会長】
「また……華宮会なる独自の情報部隊を駆使し、
 校内では不動の地位を築いています」
【ケニー】
「へ〜っ、情報部隊————はいっ!?」
 
チラ見の後の二度見。
ケニーはツッコミの高等テクニックを駆使して、
先輩をその視界に納めた。
 
【奏】
「あの……先輩、何を築いちゃってるんですか!」
【凪沙】
「ふふっ、可愛い子たちよ」
【ケニー】
「ファン倶楽部じゃないのか?」
【副会長】
「当初はその目的だったようですが、
 現在は彼女の意のままに動く、特殊情報部隊です」
 
You really shouldn't leave lines out like that when you're asking a question...
Kenny's line after VP is actually kinda important.
In this case, I'm reading the 築く as being used with regards to the "intelligence unit" she has built for herself,
not as a reference to the position she has built herself.
 
"In addition, you've built yourself an impregnable position within the school through Hanamiya Group's intelligence units."
"Intelligence units, huh... huh!?"
 
//Leaving out the three lines in middle as irrelevant
 
"Sempai... What did you build yourself this time!?"
"Fufu, aren't they so cute?"
"Weren't they supposed to be a fan club?"
"That was the original intent, but it's been since transformed into her personal special intelligence unit."
 
【奏】
「ま、まぁ……何もないよりかは、いいのかなあ」
【佳織】
「えっ、いいの?」
【凪沙】
「そうね、私も奏さんのツッコミ力は評価しているわ」
【愛理】
「それくらいしかないけどね」
【凪沙】
「『色々な所に突っ込んで回る』って噂を流せば、
 『ツッコミの奏』としてすぐに定着するわね」
【愛理】
「そうね、ヤンキー漫画みたいで格好いいじゃない」
【奏】
「待てっ、そこの二人……そんな噂を流しやがったら、
 その口にとんでもないものを突っ込むぞ!」
 
This one is harder since it's a pun... or at least i think this qualifies as a pun?
In english 突っ込む is best translated as "stick" or something, so it loses the connection to ツッコミ "straight man"
I'm terrible with puns... so I'll leave it to someone else :/
 
For the record, where it says Tsukkomu/Tsukkomi in kanji, it's not referring to the straight man tsukommi.
The connotation is that he sticks his d*** everywhere, I assume.
Edited by storyteller

Share this post


Link to post
Share on other sites

Are you sure you want more? The long conversation is all connected so it will be so long if I have to put it all here. I'll put it inside a spoiler.

【愛理】

「えっと、じゃあまずは……文化祭のことから」

【佳織】

「文化祭?」

【愛理】

「そう、みんなも知っての通り、

 もうすぐこの学園で最後のお祭が始まるでしょ」

【佳織】

「最後……でも、それって新校舎が完成するから、

 この旧校舎では最後になるってだけよね」

【愛理】

「そうそう、だけどそれが問題なのよ」

【愛理】

「最後なんて大袈裟に言ったら、思い入れの分だけ

 学生のテンションが上がっちゃうじゃない」

【愛理】

「当然、例年以上の文化祭になるのは必至よね」

【ケニー】

「まぁ、そうだな」

【愛理】

「——となれば、各学会は総力を尽くして発表の場を

 得ようとするし、トラブルも起こる、と!」

嬉しそうに頬を緩ませる愛理に、

俺は嫌な予感を隠しきれず、眉をひそめた。

【愛理】

「——ということ、おしまいっ」

【奏】

「おいっ、終わるなって!

 まだ内容に触れてないじゃないか!」

嫌な予感が完全に台無しだった。

【凪沙】

「そう、バッチリ分かったわ」

【奏】

「分かっちゃったんですか!」

【凪沙】

「ええ、バッチリよ」

……どんなテレパシーですか。

『活動』の『か』の字も出てないってのに。

【ケニー】

「すまん、俺は分からん」

【佳織】

「私も、ちょっと……」

【愛理】

「え? 今ので十二分に——」

【奏】

「駄目に決まってるだろ!!」

佳織もケニ……俺も、いたって普通の人間なのだ。

先輩や愛理のように、一を聞いて百を知るような

悪魔超人とは比べないでほしい。

【愛理】

「じゃあ、続きをまとめて話すわ」

【佳織】

「あ、うん」

理不尽な会話にも関わらず、佳織は素直に頷いた。

【愛理】

「要するに、学生会執行部から依頼があったのよ」

【奏】

「ほう——って、執行部から天文学会にか?」

【愛理】

「そう、主な内容は三つ」

愛理は一本指を立てると、俺の前に突き出した。

【愛理】

「まず一つ、文化祭に向けて行われると予測される、

 各学会による過剰なお祭り騒ぎの鎮圧」

さらには佳織に目を向け、二本指を立ててみせる。

【愛理】

「二つ、各学会の活動障害の撤去」

そして、最後にケニーへ。

いわば真横に立っているようなものだが、

それはそれとして愛理は指を立てておきたいらしい。

指を一本追加し、腕を突き出しケニーの——

【ケニー】

「ぶぼっ!」

【愛理】

「三つ、夏休み明けに先駆けて始まった、

 学生たちを脅かす不可解な事件の解決よ」

【佳織】

「あ、愛理ちゃんっ!

 当たったってば!」

【愛理】

「半分ワザとよ」

【奏】

「なおさら悪い!」

【ケニー】

「い、いやこの程度、コミュニケーションの範囲だ。

 構わない……続けてくれ」

さすがは頑丈さが取り柄のケニーだ。

心配そうな佳織をよそに、平然と言ってのけた。

【愛理】

「続けるもなにも、これで本当に終わり」

……が、当の愛理がこれだった。

【佳織】

「えっと……」

【凪沙】

「そう、バッチリ分かったわ」

ケニーの犠牲もなんのその。

先輩は『うんうん』と可愛く頷いた。

可愛く……頷く?

【奏】

「あの、先輩は分かってたんじゃないんですか?

 確かさっきも……」

バッチリ分かったって言ってた気がするが。

【凪沙】

「それがどうかした?」

さらりと笑顔で言われると……辛い台詞だった。

思わずそのまま突っ伏しそうになる。

【凪沙】

「ともかく、頑張って頂戴ね。

 奏さんの活躍には、期待しているんですから」

たおやかな追撃を繰り出す先輩。

そうだった……分かっている分かっていないは、

この先輩には関係ないのだ。

愛理の持ってきた無理難題に、

俺が突っ伏し、困る顔が見たいだけなのだ。

【奏】

「が、頑張ってみます……」

しおれた笑みを返す俺。

……この勝負は完全に負け試合となったが、

今は倒れている場合じゃない。

【奏】

「ま、まぁいいや、それで?」

俺は気を取り直すべく、愛理へと問いかけた。

【愛理】

「『それで』とは?」

【奏】

「その執行部からの依頼だよ!

 お前は一体どうするつもりなんだ?」

【愛理】

「うん、受けたに決まってるじゃない。

 初めに拒否は認めないって言ったでしょ」

【奏】

「またそんな自分勝手に……」

【愛理】

「そうは言うけど、学生会のボス直々のお達しよ。

 断れるわけないじゃない」

【奏】

「言葉と裏腹に、表情が輝いてる理由は?」

【愛理】

「あらいやだ、そんな事ないってば!

 でも、みんなだってもうやる気になってるでしょ?」

手のひらをパタパタと振り、愛想笑いで誤魔化した。

だが、俺は騙されない!

荒事大好きな愛理と先輩はさておき、

俺たちは平和を愛する庶民なのだ!

なので、声を大にして愛理の言葉を遮断した。

[0]

【奏】

「すぐに断ってこい!」

【会長/???】

「お断りだ!」

【奏】

「あなたが断るんですかっ!?」

俺は「誰だ」と問うまでもなく、

ドアの方へと声を張り上げていた。

【会長/???】

「ほう、随分な挨拶じゃないか、秋山」

【奏】

「会長こそ、直々に出向くなんて珍しいですね」

【副会長/???】

「ええ、会員の方にもきちんとしたご説明が

 必要と思いましたので」

【ケニー】

「なんだ、副会長も一緒か」

【会長】

「その方が話が早いと思ってな」

【奏】

「そうかもしれませんね、愛理はあの調子ですし……」

親指で指し示すと、愛理は含むようにクスリと笑った。

【奏】

「それで、話は聞いていたんですか?」

【会長】

「ドアに耳をつけていたからな。

 抜かりはないさ」

【奏】

「それはどうなんですか……」

渋いイメージが台無しです。

【会長】

「……気にするな」

そう言って会長は不敵に笑うと、

俺たち一人一人の顔を見まわした。

【会長】

「それよりもだ、この依頼を諸君ら、

 天文学会に任せた理由を説明させてくれないか」

【奏】

「構いませんよ。

 俺たちが気持ちよく動くためにはそれが必要ですし」

【会長】

「なるほど、それはそうだな……」

会長は振り向き、副会長に頷いて見せた。

【副会長】

「はい」

促されるように一歩前へ。

副会長はメガネをクリクリと[弄|いじ]り、口を開いた。

【副会長】

「では、私からご説明させて頂きます」

【佳織】

「あっ、うん」

【副会長】

「まず、執行部から天文学会への依頼ですが、

 これは強制というわけではありません」

【副会長】

「しかしながら、私どもが天文学会にこの話を

 持ち込んだのには理由があります」

【佳織】

「理由……」

【副会長】

「ええ、この依頼にもっとも適した人材を、

 天文学会が有していると判断致しました」

副会長は佳織に向けて、真面目な顔を向けた。

【凪沙】

「あら、とても買いかぶられているわね」

【副会長】

「そうでしょうか?

 それは華宮さん自身が、一番ご存知のはずですが」

先輩を一瞥し、副会長は愛理へと視線を移した。

【副会長】

「まずは支倉愛理さん。

 天文学会の会長にして、校内屈指の才女です」

【愛理】

「まぁ、そうね……」

【副会長】

「その能力は運動・学力問わずで、あらゆる状況に

 柔軟に対応出来るのではないでしょうか」

【副会長】

「その上、物事に取り組む熱意は異常なほどで、

 他の追随を許しません」

【奏】

「あながち間違ってないな……」

さすがは敏腕と名高い副会長だ。

同じ二回生とはとてもとても思えない。

俺は大きく頷いてみせた。

【副会長】

「そして、華宮凪沙さん。

 天文学会唯一の三回生で、かなりの策謀家です」

眼鏡の奥、しっとりと[佇|たたず]む光が先輩を捉える。

【凪沙】

「策謀家、そうなのかしら?」

【副会長】

「ええ……それに、あの華宮家の令嬢であり、

 校内でもっとも敵に回したくない。

 そう言われている方です」

【凪沙】

「否定はしないでおくわ。

 ただ、余計な言葉があるわね」

【副会長】

「……令嬢、ですか?

 しかし、これは事実で──」

【凪沙】

「余計よね?」

にこやかな笑みで、先輩は囁くように

副会長の言葉を遮って言った。

【副会長】

「……分かりました、訂正致します。

 貴女の実力に家柄は関係ありません」

一瞬の視線の交差を経て、副会長は静かに頷いた。

【凪沙】

「ありがとう。

 家のことはそのまま忘れていてね、いい子だから」

【副会長】

「はい、失礼致しました……」

副会長は丁寧に頭を下げると、

気を取り直した様子で続きを口にしはじめた。

[1]

【副会長】

「また……華宮会なる独自の情報部隊を駆使し、

 校内では不動の地位を築いています」

【ケニー】

「へ〜っ、情報部隊————はいっ!?」

チラ見の後の二度見。

ケニーはツッコミの高等テクニックを駆使して、

先輩をその視界に納めた。

【奏】

「あの……先輩、何を築いちゃってるんですか!」

【凪沙】

「ふふっ、可愛い子たちよ」

【ケニー】

「ファン倶楽部じゃないのか?」

【副会長】

「当初はその目的だったようですが、

 現在は彼女の意のままに動く、特殊情報部隊です」

うっそ!?

そんな凄いもの作ってたのか、先輩!

【凪沙】

「奏さんとケニーさんなら、

 特別枠で入れてあげてもよくてよ?」

【奏】

「い、嫌ですよ!

 何かされそうじゃないですか!」

俺とケニーがそろって首を振ると、

先輩は自らの頬に手を当て、優しい声で囁いた。

【凪沙】

「大丈夫よ。うちのポニーちゃんたち……

 会員の人たちは皆、優しくしてくれるわ……」

【ケニー】

「…………」

優しいとかそういう問題ではない。

顔を見合わせ、ケニーと俺は頷き合う。

【副会長】

「あ、あの……では続きをいいですか?」

【奏】

「……ん?

 ああ、すまん。話の途中だったな」

俺はジト目で睨む副会長に、平手で話を譲り渡す。

【副会長】

「コホン……そして、長船・KENNY・英太郎さん」

【ケニー】

「はいっ!!」

高々と右手を挙げるケニー。

こうして早くもオチがついた。

【奏】

「そこ……返事をするとこじゃないぞ」

【ケニー】

「オゥ……」

悪気はないのだ。

……が、副会長は不機嫌そうに眉をひそめた。

【副会長】

「え〜っ、長船・KENNY・英太郎さん。

 アメリカとの交換留学生として本校に入学」

【副会長】

「当初はその類希な運動能力を見込まれ、

 格闘系の部活から多大な期待を集めました」

【副会長】

「しかし、どういうわけか天文学会に電撃入会、

 これは校内の七不思議として——」

【ケニー】

「ああ、それは間違えて部室に入ったら、

 奏の口車で入会させられたからだ」

【副会長】

「………………」

【奏】

「…………なんか、ゴメン」

嫌な現実だった。

他人事とはいえ、俺は副会長に頭を下げた。

【副会長】

「で、では……」

【会長】

「プッ……くっ」

【副会長】

「か、会長っ!」

【会長】

「いや、すまんな……次にいってくれ」

会長は視線をそらし、口元を押さえた。

【副会長】

「……では次に、佐々木佳織さん。

 天文学会副会長にして、学会唯一の良心です」

【佳織】

「り、良心、なんて……」

間違いない、実際そうだしな。

悪心二人はこぞって不敵な笑みを浮かべているし。

【副会長】

「また、学園内での人気も非常に高く、

 『校内‐お嫁にしたい選手権』にて、

 二回生のTOP3に名前が挙がる——」

【佳織】

「あの、それって……関係あるの?」

【副会長】

「人気があるに越したことはありません」

【佳織】

「でも……」

佳織は俺の方をチラリと見て、口を閉じた。

【奏】

「うん?」

【佳織】

「ううん、なんでもない」

佳織は髪を揺らし首を振った。

【副会長】

「では、最後に秋山奏さん。

 曲者揃いの天文学会で頑張っているそうです」

お、ついに俺の番か!

【副会長】

「以上——」

【愛理】

「…………ぶっ!」

静観に徹していた愛理が吹いた。

【奏】

「ちょっと待て、副会長!

 どうして俺だけ適当なんだ!?」

【副会長】

「適当ではありません。

 ただ不明瞭なだけです」

【奏】

「いや、ケニーだっていいところあっただろ!」

コイツですらと言わんばかりに、俺は当人を指さした。

【副会長】

「では、天文学会のツッコミ役でいかがでしょう?」

【奏】

「それ、今考えただろ!」

【副会長】

「はい、今考えました」

【会長】

「…………っくくく」

その笑い声に、俺は恨みがましく会長を眺める。

【奏】

「ま、まぁ……何もないよりかは、いいのかなあ」

【佳織】

「えっ、いいの?」

【凪沙】

「そうね、私も奏さんのツッコミ力は評価しているわ」

【愛理】

「それくらいしかないけどね」

[2]

【凪沙】

「『色々な所に突っ込んで回る』って噂を流せば、

 『ツッコミの奏』としてすぐに定着するわね」

【愛理】

「そうね、ヤンキー漫画みたいで格好いいじゃない」

【奏】

「待てっ、そこの二人……そんな噂を流しやがったら、

 その口にとんでもないものを突っ込むぞ!」

【凪沙】

「へ〜っ、私の口に何を?」

【奏】

「なんでもありません……」

I've marked the beginning of each conversations I ask with big [0], [1], and [2]. While I'm at it, may I ask the translation for those having red font?

For the 断る part.

Sou: Go refuse the case!

Pres: I refuse!

Sou: Who are you to refuse?!

Or

You refuse? YOU?

The idea here is the Pres is not in a position to refuse anything, he's the one asking (so it doesn't make sense for him to be refusing anyway). Play around with it if need be.

Let me think for 突っ込む.

Share this post


Link to post
Share on other sites

If you really want to keep the word "refuse," just say "You're refusing for us?!" (the "for" needs to be in there, looking at the full context, but... yeah.)

dunno why you're making things so complicated.

 

With [1], what Storyteller said. It's really clear that the two 築く's are not referring to the same thing in the full text. In the snippet you gave us, because they appear one after another without Kenny's line in the middle, a reader is going to get the wrong impression.

With [2], as I said earlier, ”poke fun at” / "I'll poke something down your throat." works fairly well.

Share this post


Link to post
Share on other sites

If you really want to keep the word "refuse," just say "You're refusing for us?!" (the "for" needs to be in there, looking at the full context, but... yeah.)

dunno why you're making things so complicated.

 

With [1], what Storyteller said. It's really clear that the two 築く's are not referring to the same thing in the full text. In the snippet you gave us, because they appear one after another without Kenny's line in the middle, a reader is going to get the wrong impression.

With [2], as I said earlier, ”poke fun at” / "I'll poke something down your throat." works fairly well.

I don't think it's "You're refusing for us". That's saying the Pres will go refuse the case in Airi's stead, which is not what this means.

"You refuse us?" works too.

 

Poke works well except for the gangster movie part. Actually anyway you translate it works well except for the gangster movie part.

Share this post


Link to post
Share on other sites

The President is refusing their refusal, so I'm not sure "You're refusing for us!?" would work there.

 

With "poke fun" you lose the shimoneta end of the connotation, which I assume is there, given the characters involved.

Though that might be ok.

 

Edit: I actually totally forgot the bit about Yankee movie. I'd hazard a guess that's just referring to the title "Tsukkomi no Sou" but who knows.

Share this post


Link to post
Share on other sites

EDIT: Yeah, I was being dumb with "for." I blame being too lazy earlier to read the full text and just skimming it instead >_> Maybe just go with "Go tell them 'no'!" / "No!" / "You're telling us 'no'?!" and just stop using "refuse" entirely.

 

"Sou the Poker" is the best name ever and you will never convince me otherwise <__< Though "poke something down your throat" keeps the dirty joke intact, so I don't know why you're objecting there.

Share this post


Link to post
Share on other sites

Airi accepts.

Sou tells her to go reject it.

Prez comes in telling Sou that he rejects Sou's rejection.

Sou exclaims at Prez rejecting his rejection.

 

Does it? I didn't feel as dirty to me. But if you feel that's dirty enough, I guess it is.

Share this post


Link to post
Share on other sites

ヤンキー漫画 is gangster manga (you can google it) usually about gangs and/or fights.

 

The hard part is that Tsukkomi is used as a) meddling/interfering/minding other's business b) straight man and c) stabbing/charging - the gangster manga part.

 

 

"Sou the Poker" is the best name ever and you will never convince me otherwise <__< Though "poke something down your throat" keeps the dirty joke intact, so I don't know why you're objecting there.

I'm inclined to agree.

Rumor: Poke (head/nose/d***) into other peoples business.

Name: Poker Sou.

Poke something down your mouth.

Share this post


Link to post
Share on other sites

飾る世界の嘘
まどろみの様な
意味のない世界に杭を刺す

 

Like a... nap? The second sentence makes no sense.

 

The lie that adorn this world

????

Stabs this meaningless world 

Share this post


Link to post
Share on other sites

So I'm having a bit more trouble with Arcana again. The main character Caprese is having a conversation with a man who had been his former master, referred to only as 団長 (which I translate as 'Boss' or 'Chief'), who seems to be a sort of trader, businessman, and perhaps even a P.T. Barnum-like circus showman or circus owner judging from their conversation. They are talking about a lion girl that 団長 has recently captured:

 

団長: あ、あのケモノ女か。あれでも人間だぞ。サバンナでライオンと暮らしてたんだ。

狼女なんてのはそこらの見せ物でザラにみるが、ライオン女なんていないからな

それもホンモノだ。しかも、夜は夜で楽しめる

カプリス: お前、また、メンバーを好きにするのか?"

団長: メンバー?あれは見せ物だぞ?奴隷でさえないんだ

 

Boss: Oh, that beast girl. She's human though. I found her living with a lion in the savannah. Wolf girls are quite a common spectacle, but not lion girls. She's the real thing. Also, the night can enjoy at night.

Caprese: Are you still allowing people to do whatever they want to the members?

Boss: Members? You mean those part of the show? They are slaves, but no.

 

I'm not so sure what is meant by the sentence I highlighted in red. It sounds like some sort of euphemism for sexual slavery or prostitution or something like that, as if he plans to be the pimp for Vivace the lion girl in the evenings but I'm not quite sure. Any hints?

Share this post


Link to post
Share on other sites

It basically says you can also enjoy her at night, and yes, it means he has sex with her.

 

A random note, but the character you named Caprese, you sure it's not Caprice?

 

Well, that seems to be the only romanisation of his name that I could find on the 'net (e.g. here). None of the character names have been given official romanisations within the game itself as far as I can tell. I've even been considering using Capriccio (like the musical form), since many of the names of other characters in the game seem to be derived from the names of musical instruments or musical terms (Vivace, Cittern, Harp, Hymnus, Animato, Passepied, Marcato, Amoroso, Animato, etc.)

Share this post


Link to post
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now


  • Recently Browsing   0 members

    No registered users viewing this page.

×