事実は官報記載の通りです。私が今のような状態では従前の開発体制を続けることが困難で、現法人について破産手続となりました。ブランドの今後については、まだ確答できる段階にない為、公式サイトには掲載していませんし、私からも何も言えません。

— イシダP (@twit_chu) July 1, 2017